当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
バージョン 8.x
  • 検索/マークダイアログボックスを完全に再設計しました。
  • ReFS 3.4 ファイルシステムのサポート。
  • ファイル回復が成功する可能性の見積もり
  • ごみ箱で削除したファイルの名前とパスを回復します。
  • 完全に一新されたファイルプレビューアは画像をタイル表示し、ビデオファイルの最初のフレームをアイコンとして表示することができます。また、多数のビデオ/オーディオ/グラフィック/ドキュメントファイル形式をサポートしています。これらのファイルは、個別に専用のアプリケーションがインストールされていなくても表示できるようになりました。
  • 暗号化を含む APFSのサポート。
  • Mdadm RAIDのサポート。
  • Apple CoreStorage / File Vault / Fusionドライブのサポート。
  • 新たに接続/切断されたUSBデバイスの自動認識。
  • NTFSログのサポートが改善されました。
  • ReFS2+ファイルシステム(Windows 2016 Server)のサポート。
  • NTFSデータ重複排除のサポート。
  • 新しい拡張された重複ファイル処理オプション。
  • NVMEデバイスのサポート。
  • Known File Types検索(ローファイルの回復)のための大幅に改良されたアルゴリズム:
    - mp3とmkvファイルのより優れた認識。
    - mts、mpeg、flv、およびgzファイル用の特別なパーサー。
    - mp3、pdf、docx、docファイルの内部タグからのファイル名。
    - iPhone 6以降のモデルで作成されたmovファイルのtime + manufacturer + gpsのサポート。
  • Windows 10 Anniversaryアップデートで作成されたWindowsストレージスペースのサポート。
  • ファイルマスクプリセット。
  • データ回復速度と結果を改善する新しいデータ解析とリカバリカーネル。
  • テクニカルバージョンのSymlinkリカバリオプション
  • ファイルシステムジャーナル 見つかるファイルの数を増加させるためのHFS+およびExt3 / Ext4 FSファイルシステムの処理
  • UFSパーティションでのリカバリを強化するためのソフトアップデートジャーナル処理。
  • HFS+、Ext3 / Ext4 FS、UFSファイルシステムの 拡張属性 に対するサポート。これにより、Mac OSX Time MachineおよびLinux selinux ACLのリカバリが改善されます。
  • 大規模なディスクスキャンのために最適化されたメモリの使用
  • Ext3 / Ext4 FSおよびUFSパーティション上の削除されたファイルのフォルダツリーの検出が改善されました。
  • 通常の領域は、排他的な領域に変換できます。
バージョン 7.x
  • exFAT パーティション復旧のための新しい高度なアルゴリズム。
  • 非同期ディスクを使用した Windows ソフトウェア RAID のサポート。
  • RAWファイル復旧のための新しい高度なアルゴリズム(ファイル署名の検索)。
  • 16 進数エディターの拡張:ファイルの位置が特定のディスクセクター上に表示されます。
  • ディレクトリジャンクションとシンボリックリンクのサポート。
  • 高速読み取り装置用の加速されたディスクスキャン
  • NTFS と FAT パーティションをより信頼性高く、大幅に高速に認識します。
  • 削除されたファイルのバージョンを検索します。 R-Studioは、検索パラメータとして、サイズ、名称や拡張子、および、認識されたファイルの種類を使用して削除したファイルのバージョンを検索することができます。
  • 16 進エディタでの改善されたデータ選択。 ショートカットメニューの「開始位置の選択」および「終了位置の選択」コマンドを用いて、領域の開始および終了を選択できるようになりました。
  • 16 進エディタで既存ファイルにデータを追加します。 エディタで選択したファイルの断片を、既存ファイルに追加することができます。
  • 外部ファイルを 16 進エディタで開いたファイルの選択位置に読み込むことができます。
  • 少々データベースが損傷している場合でもWindows 記憶域スペース (Windows 8/8.1 および 10/Threshold 2) を自動的にサポート。幾つかの親にてデータベースが完全に損傷している場合、それらは手動で構築することができます。
  • ソフトウェア Mac RAIDを自動的にサポート。激しく損傷したRAIDパラメータレコードのあるメンバーはマニュアルで追加することができます。
  • 少々データベースが損傷している場合でもLinux 論理ボリュームマネージャー (LVM/LVM2) を自動的にサポート。激しく損傷したRAIDパラメータレコードのあるコンポーネントはマニュアルで追加することができます。
  • DiskSpar ディスクイメージャおよびディスクマップのサポート。R-Studio はR-StudioなしでDiskSpar ディスクイメージャにより作成されるイメージおよびディスクマップを読み込み、処理することができます。
  • 自動 RAID パラメータ認識。R-Studio は、RAID 5 および 6 用のすべての RAID パラメータを認識することができます。この機能により、ユーザーは、RAID 復元の中で最も困難な問題の一つを解決することができます。
  • S.M.A.R.T. 属性の監視。 R-Studioはハードドライブの S.M.A.R.T. (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology) 属性を表示し、その健康状態の表示と発生しうる障害を予測することができます。S.M.A.R.T警告が発生した場合、そのようなハードドライブでは不必要な作業は一切避けるべきです。
  • 新しいGUIの言語: 繁体字中国語, 簡体字中国語, およびポルトガル語。
  • 適用可能なすべての RAID レイアウトでパリティ遅延をサポートします。
  • 強化されたパリティ遅延制御。
バージョン 6.x
  • 読取りが非常に不安定はハードドライブの処理: R-Studio Technician は、専門家向けデータ回復装置である DeepSpar Disk Imager との統合に基づき、ハードディスクドライブのハードウェアレベルでの機能を提供します。
  • Microsoft 社がその新しい Windows 2012 Server に導入した新しいローカルファイルシステムであるReFS(レジリエントファイルシステム)をサポートします。
  • Windows 2012 Server OS に対するサポート。
  • HP サーバーで良く利用されるパリティ遅延付き RAID5 をサポートします。
  • "ネストされ" かつ "強化された" RAID レベル: RAID10 (1+0)、RAID1E、RAID5E、RAID5EE、RAID6E。
  • R-Studio Agent は、次の主要 PC 用 OS をサポートします: Windows、MacOS、Linux
  • イメージの作成のスキャンを同時に行います。 R-Studio は、イメージの作成と、イメージからのデータのスキャンを同時行えるようになりました。 結果、次の 2 つのファイルが同じ場所に作成されます: イメージファイルとスキャン情報を含むファイル。
  • ファイル復元リスト:R-Studio からエクスポート可能なディスクのファイルリストで、手動で編集でき、インポートして、これらのリストのファイルを自動的に復元用にマークすることができます。そのようなリストは、復元するファイルを決定する人が遠くにいる場合、非常に有用です。
  • RAID 整合性チェック: RAID 上のパリテブロックが正常かどうかを確認することがきます。
  • イメージファイルおよびスキャン情報ファイルは、リモートコンピュータ上に保存、または、リモートコンピュータから読込みが行われます。 これにより、R-Studio は、ネットワーク復旧中にネットワーク上の大量データボリュームの伝送をさけることができます。
バージョン 5.x
  • NAT/ファイアウォールトラバーサル。 接続は、R-Studio から R-Studio Agent または R-Studio Agent から R-Studio のどちらでも構築できます。 これにより、R-Studio は、インターネット上でデータを復元する際、NAT/ファイアウォールを通過することができます。 必要な場合、HTTP トンネルを使用します。
  • スキャンアルゴリズムの改良。 FAT および NTFS パーティションに対するスキャニングが改良されました。
  • リモートコンピュータ上での復元ファイルの適切な場所への保存。 ネットワーク上のリモートコンピュータでデータを復元する場合、R-Studio は、例えば、同じリモートコンピュータの別なディスク、または、外部 USB ハードドライブに保存することができます。 更に、ローカルネットワーク上だけではなく、インターネットに接続されてリモートコンピュータに対しても実施可能です。 この機能は特にデータ復元技術者および企業にとって、インターネット上でリモートで顧客にサービスを提供でき、かつ、ネットワーク上で大量データを転送する必要がなく有用です。 更に、リモートコンピュータから復元されたファイルは、R-Studio Agent を実行しているローカルコンピュータまたはインターネットに接続された別なリモートコンピュータに保存することができます。
  • 科学捜査モード(技術者バージョンのみ)。 このモードでは、R-Studio は、法廷に提出される科学捜査データ収集監査ログを生成します。 このログには、科学捜査データ収集が行われたハードウェア設定に関する情報および復元されたファイルに対する MD5 チェックサムを含みます。
  • Reed-Solomon および Vertical XOR を含む RAID 6 をサポートします。 カスタム指定された RAID 6 レイアウトをサポートします。
  • exFAT および Ext4 FS ファイルシステムをサポートします。
  • 高度なオブジェクトコピー。 ドライブパネル内でのオブジェクトのバイト単位でのコピーに加えて、サイズおよびオフセットを調整するパーティションおよびハードドライブのスマートコピーが利用可能です。
  • 64 ビットおよび 32 ビットの Windows バージョンをサポート。 64 ビット Windows で、R-Studio は、32 ビットアプリケーションに対する 3GB RAM 制限を克服し、64 ビット Windows マシンにインストールされた物理メモリをすべて使用します。 これにより、特に大容量ディスクをスキャンする場合にソフトウェアの性能を著しく拡張します。
  • プログレスバー。 復元される各ファイルの進捗状況、復元プロセスの概要、経過時間と残り時間、および復元ログを表示します。
  • テキスト/16 進数エディタ内のクリック可能なリンク。 このリンクは、解析または編集されたオブジェクトの重要な個所に移動する直接ジャンプを提供します。
バージョン 3.x-4.x
  • デジタルカメラの生画像をサポート。 Canon、Fuji、Minolta、Nikon、Olympus、Sony および Sigma をサポートしています。
  • 多目的なデータ可視化。R-Studio は、実フォルダ/ファイル構造として、または、拡張子、作成日時、最新アクセス日時、変更回数によりソートされたファイルとしてディスク上のデータを表示します。
  • ファイルのソート中。 検出されたファイルおよびフォルダは、元の構造、ファイル拡張子あるいはファイル作成日時/修正日時により簡単にソートすることができます。
  • 既知のファイルタイプの拡張。 エンドユーザーは、既知のファイルタイプリストに新しいファイル構造を追加することが可能です。
  • 大量ファイル復元のサポート。 R-Studio は、全ファイルを復元するデータ復元オプションを自動的に適用します。
  • 共通検索/マークダイアログ。 R-Studio は、Find/Mark ダイアログで指定した検索オプションに一致する複数ファイルを自動的に検索し、マークします。
  • 16 進エディタの拡張。 ファイルを ANSI または UNICODE テキストとして表示します。
  • HFS および HFS+ ファイルシステムをサポートします。 FAT/NTFS/ExtFS2/ExtFS3/UFS1/UFS2 に加えて、R-Studio は、Apple Computer により開発され、Mac オペレーティングシステム上で使用される HFS および HFS+ ファイルシステムをサポートします。*
    * Windows 版 R-Studio は、Mac オペレーティングシステム上にインストールし実行することはできません。しかし、HFS および HFS+ パーティションのハードドライブを Windows マシンに取り付け、R-Studio で処理することはできます。 また、 Mac 環境に設計された Mac 版 R-Studio を Mac オペレーティングシステム上にインストールし実行することも可能です。
  • Apple コンピュータのサポート。 新しい R-Studio Emergency バージョンは、Intel ベースおよび PowerPC ベースの Macintosh コンピュータ上で CD から実行することが可能です。
  • ビックエンディアンバリアントの UFS をサポート。
  • GPT パーティションレイアウトスキーマをサポート。 このスキーマは、64 ビット Windows オペレーティングシステムで利用されます。
  • APM をサポート。 Apple パーティションマップ(APM)は、Macintosh コンピュータで使用してフォーマットされたディスク上で低レベルデータ組織を定義するために使われるパーティションスキームです。
  • 様々な異例の RAID 構成をサポート。 ブロックサイズおよびオーダー、オフセット、およびストライプブロック数などのパラメータを明示的に指定可能です。 特定のブロックオーダーを作成するためにビジュアルエディタが提供されています。 ユーザー定義の構成を将来使用するため保存することが可能です。
  • R-Studio Technician Portable が、R-Studio Technician パッケージに追加されました。 Portable バージョンは、USB ストレージデバイスから実行可能です。
  • 圧縮イメージフォーマットをサポート。 R-Studio がディスクまたはその一部のイメージを作成する場合、イメージを圧縮または複数ファイルに分割して、CD/DVD/フラッシュドライブまたは FAT16/FAT32* に置くことができます。
    * R-Studio は、データ復元の目的のみで作成したイメージを開いて読み込みます。 ディスクのイメージングおよび復元タスクには、R-Drive Image ソフトウェアをご検討ください。
  • 追加ファイル復元アルゴリズム。 R-Studio は、ファイルシステムのメタデータ(全ファイルタイプをサポート)を解析するだけではなく、既知のファイルタイプ(ファイルタイプの一覧を参照)を構造に合わせた機能を使って検索します。
    これにより、ユーザーはファイルシステムが損傷している場合の復元ファイルの品質を向上させ、
    ファイルシステムのメタデータで認識されなかったファイルおよびディスクスキャニング処理で検索できなったファイルを復元し、
    未知のファイルタイプのデバイス(HD、CD、DVD、フロッピーディスク、コンパクトフラッシュカード、USB ドライブ、ZIP ドライブ、メモリスティックおよび他のリムーバブルメディアを含む)からファイルを復元することができます。
  • UFS1 および UFS2 ファイルシステムのサポート。 UFS1/UFS2 ファイルシステムは、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD、および Solaris オペレーティングシステムで使用されます。
  • R-Studio Emergency バージョン。* R-Studio Emergency バージョンは、R-Studio パッケージに追加費用なしで、開発され、追加されました。 R-Studio Emergency バージョンは、システムファイルが損傷または削除され、Windows が起動しないコンピュータ上のデータを復元する必要がある場合、フロッピーディスクまたは CD から起動します。
    * R-Studio Emergency 版は、R-Studio ソフトウェアパッケージの一部です。 R-Studio のシングルライセンスを購入した場合は、R-Studio Emergency/R-Studio 版を一台の同じ PC 上にのみインストールできます。 ライセンスされたソフトウェアを他のマシンに移行できません。
  • ファイルプレビュー。* ファイルの内容を、R-Studio デモモードまたは登録モードで、復元可能性を評価するため所定のアプリケーションがインストールされていなくても表示することができます。 R-Studio セットアップファイルに内蔵されているビュワーには、グラフィックファイル、ビデオ、オーディオファイル、MS Office ファイル、Outlook メールメッセージなど通常利用されるほとんどのファイルタイプを含んでいます。( リスト参照
  • スキャンプロセスの可視化。 オブジェクトをスキャニング中に、R-Studio は、既知のファイルタイプ FAT および NTFS MFT レコード、ブートレコードなど、検出されたアイテムをグラフィカルに表示します。
  • オンザフライ登録。* R-Studio および R-Studio Emergency デモバージョンは、オンザフライで登録可能です。R-Studio ユーザーは、ファイルが既に存在する場合は、販売バージョンを再インストールする必要はありません。
    * The R-Studio Emergency アクティベーションキーは別々に生成され、取得にはハードウェアコードが必要です。 アクティベーションキーは、 お客様ポータルを通して、製品購入後 1 年間要求することが可能です。
  • 拡張リモートホストスキャニング手順。 新しい R-Studio ネットワークバージョンでは、ローカルホスト上だけではなく、リモートホスト上のデータも高速化された復元手順で分析されます。
  • ユニバーサルディスクエディタ。 R-Studio は、ファイルシステムの構造(NTFS および FAT ブートセクタ、MFT ファイルレコード、MBR、LDM 構造など)を検査/編集するアドバンス 16 進数エディタを含みます。 XML ベースの言語(ソフトウェアヘルプおよびマニュアルを記述)を使用しており、R-Studio ユーザーは、ファイルおよびファイルシステムをパースする独自のテンプレートを作成することができます。 ディスクエディタは、低レベルデータ処理、IT セキュリティ、データ復元およびコンピュータ鑑定などを行う専門家に有用です。
データ 復元 アーティクル
PC プライバシー アーティクル