当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
  • ファイル復元ソフトウェア - どうしてR-Studio?

検討しているお客様から、こういったご質問をよくいただきます。R-Studioが他のデータ復元製品よりも優れている理由は何ですか。一部の代替ファイル復元製品がとても安価な一方、R-Studioが「費用効果が高い」と呼ばれるのはなぜですか? R-Studioは他のツールよりも優れていますか?R-Studioが他のツールよりも複雑に見えるのはなぜですか?

まず、その最後の質問にお答えします。R-Studioデータ復元ソフトウェアは、元々データ復元の専門家、システム管理者、ITプロフェッショナル、および優秀で経験豊富なコンピューターユーザーが使用する目的で開発されました。R-Studioの一部機能はコンピューターフォレンジックの専門家用に設計されたものであり、ほとんどのR-Studioユーザーに全てのソフトウェアの機能は必要ではありません。

R-Studioには多くの機能が備わっているため、そのインターフェイスと豊富な機能が少しわかりにくいと感じるユーザーがいる可能性があります。実際には、ソフトウェアインターフェースを可能な限り簡素化するように努めており、製品詳細はオンラインヘルプマニュアルでご確認いただけます。ただ、マニュアルを読んだ後もソフトウェアが使いにくいと感じる場合は、R-Undeleteファイル復元ツールを使用して、データ復元をお試しいただくことをお勧めします。3ステップウィザード指向のユーザーインターフェイスは、効率を損なうことなく、ファイル復元作業をより簡単にする方法をご提供します。これは、基本的なデータ復元ニーズと高度なデータ復元ニーズどちらにも最適です。以下では、R-StudioとR-Undeleteの主な機能を比較します。

ファイル復元ソフトウェア:R-Studioメインパネル
画像をクリックすると拡大します
R-Studioメインパネル

ファイル復元ソフトウェア:R-Undeleteメインパネル
画像をクリックすると拡大します
R-Undeleteメインパネル

特徴 R-Undelete R-Studio
ウィザード指向のインターフェース はい いいえ
復元ファイルの広範囲で用途が広い検索 はい はい
大量のファイル復元に対応 はい はい
ファイルタイプとタイムスタンプによるファイルの並べ替え はい はい
データ復元の可能性を見積もるファイルプレビュー はい はい
削除/再フォーマット/破損した論理ディスクからのファイルの復元 はい はい
削除した複雑なパーティションレイアウトの認識 いいえ はい
既知のファイルタイプをスキャン(rawファイル検索) はい はい
ディスクイメージの作成/処理 はい はい
プログラムの自動更新 はい はい
テキスト/ 16進エディタ いいえ はい
Windows以外のファイルシステムに対応 いいえ はい
ユーザー定義の既知ファイルタイプを検索 いいえ はい
RAIDと論理ボリュームマネージャーに対応 システムにのみ表示 はい
ネットワークを介したデータ復元 いいえ はい
緊急CD いいえ はい

重要!R-Undeleteライセンスを購入した日から1年以内なら、初期価格差でのみR-Studioにアップグレードできます。従って、最もシンプルで一般的なケースでは、節約の観点から、R-Undeleteを試す前にR-Studioを購入する理由はありません。

データ復元事業を行なっている競合他社より、R-Studioのコストが高いのはなぜ?

結論から申し上げると、実際は高額ではありません。間違いなく、類似製品よりもお手頃な価格です!R-Studioで得られるものと、類似製品の平均市場価格を見てみましょう。

1. 経験豊富なデータ復元スペシャリストや優秀なITプロフェッショナルユーザーが直面するあらゆる問題を解決できるフル機能のデータ復元製品。MicrosoftのReFS、AppleのAPFS、Linuxex4fsなど最も一般的なファイルシステムに対応しています。R-Studioは、既知のファイルタイプのスキャン(rawファイル検索)を含む、一般的なファイル復元方法を全て使用します。
この機能を搭載したソフトウェアの平均市場価格はUS $ 60.00です。
ファイル復元ソフトウェア:ファイルの列挙
画像をクリックすると拡大します
R-Studioで復元のマークがついたファイル

データ復元標準機能に加えて、下記の機能もご利用いただけます。

  • 多言語のGUIとヘルプにより、その場で言語を変更できます。
  • カスタマイズ可能な既知のファイルタイプ。非常に特殊なファイルを復元する可能性を高めるために、あなた独自の非常に複雑なファイル署名を追加して、ファイル検索を簡単にできます。既知のファイルタイプの記述ファイルを作成することで、独自の既知ファイルタイプを追加できます。
    独自の既知ファイルタイプを作成する方法については、R-Studioのカスタム既知ファイルタイプの作成記事でご確認いただけます。
  • ファイル復元が成功する可能性の算出いくつかのファイルプロパティに基づいて、R-Studioは復元から得られる結果を表示します。
  • 高度なファイルプレビューアは、Adobe Acrobat pdf, Microsoft Office documents doc, xls, ppt (Office 97-2003), docx, xlsx, pptx膨大な数のマルチメディアおよびグラフィック形式を、プログラムやコーデックをインストールせずに直接サポートします。ファイル復元の可能性を算出する非常に便利な機能であり、リモートコンピューターでファイルをプレビューすることも可能です。

ファイル復元ソフトウェア:ファイルプレビュー
画像をクリックすると拡大します
R-Studioのファイルプレビュー

  • R-Studio EmergencyCD。 Linuxカーネルに基づきこのCDを使用すると、コンピューターを起動できない場合でも、ユーザーはデータを復元できます。 R-Studio Emergencyには2つのバージョンがあり、1つはR-Studioと同様のグラフィカルユーザーインターフェイスを備えています。ご自身のグラフィックカードが対応している場合は、このバージョンをご使用いただけます。そうでない場合は、より単純だが同じデータ復元機能の疑似グラフィカルインターフェイスを備えた2番目のバージョンをご使用いただけます。 さらに 、R-Studio Emergencyを使用すると、ディスクを破棄したり他の人に譲る前に、ディスク上のデータを完全削除してワイプすることができます。これは、スタンドアローンアプリケーションに相当する機能です。
    R-Studio Emergencyの詳細については、R-Studio Emergencyを使用した緊急ファイル復元記事をご覧ください
  • ディスクイメージング。 R-Studioは、ハードドライブ、論理ディスク、複雑なRAIDなど、ドライブパネルに表示されているオブジェクトのイメージや正確なバイト単位のコピーを作成できます。このようなイメージは、実際のオブジェクトが死にかけている場合にとても役立ちます。これらのイメージを使用して、任意のデータ復元タスクを実行できます。さらに、これらのイメージを使用して、仮想RAIDなどの仮想オブジェクトを作成でき、このようなイメージはディスクバックアップおよび緊急システム復元にご使用いただけます。イメージング中でも、R-Studioはオブジェクトを同時にスキャンできます。
    R-Studio Technicianは、故障したハードドライブを処理するために、マルチパスやランタイムイメージングを実行することも可能です。これにより、そのようなドライブが停止する可能性がある場合に、データ復元成功率が大幅に高まります。これらのイメージングタイプの詳細については、R-Studioでのマルチパスイメージングおよびランタイムイメージングをご覧ください。
  • 高度な16進ビューア/エディタ
    R-Studioオンラインヘルプ:テキスト/ 16進エディタ
    Advanced Hexadecimal Editorは、Technicianバージョンでのみご使用いただけます。
    市場で主要なディスク編集ツールと全く同等の機能です。
    ファイル復元ソフトウェア:テキスト/ 16進エディタ
    画像をクリックすると拡大します
    R-Studioの16進エディタで編集されたHDDこのようなソフトウェアが提供する標準機能に加えて、当社のソフトウェアには次の追加機能が含まれています:
    データパターンに従って解釈されたディスク上のデータ。理解しにくい16進データやテキストデータだけが表示されるわけではありません。また、ブートレコード、MFT、FAT32、ファイルなど、様々なデータパターンとして解釈されていることもわかります。
    カスタムデータパターン。 ご自身のタスク向けに独自のデータ解釈パターンを作成できます。このようなパターンは、新しいファイルシステム(例えば、非標準のビデオレコーダー)用に作成できます。
  • S.M.A.R.T. 属性の監視。R-StudioはハードドライブのS.M.A.R.T. 属性(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)を表示します。ハードウェアの状態を示し、起こる可能性がある障害を予測します。
  • ネットワークを介したデータ復元。ハードドライブにアクセスするため、密閉されたメーカー製デスクトップコンピューターやノート型パソコンを分解できない又は分解したくない場合に、とても便利な機能。または、コンピューターのハードウェアは問題なく動作しているが、システムディスク上のデータが破損していて、起動できませんか?問題ございません。ネットワークを介してコンピューターをワークステーションに接続し、R-Studio Agent Emergency起動ディスクを使用して起動します。これで、問題のあるPCディスクに、あたかもR-Studioがそのコンピューターにインストールされているかのようにアクセスできるようになります。または、コンピューターは正常に動作しているが、データを復元する必要があるとしましょう。手元にあるフラッシュドライブにR-Studio Agent ポータブルを書き込んで、コンピューターのフラッシュドライブから実行するだけで、データへアクセスできます。プログラムをセットアップする必要も、再起動する必要もなく、データが書き込まれることもありません。良いことに、データの復元率も高くなります。さらに、社内ネットワークのコンピューターにR-Studio Agentを事前にインストールできます。また、軽率な営業担当者がファイルを削除し、ごみ箱だけ空にしても心配はいりません。その場合、四半期売上報告書が削除されたファイルに含まれていたことを思い出してください。プログラムのセットアップ、再起動およびデータの書き込みがない場合、「被害者のコンピューター」にすぐにアクセスできます。また、R-StudioとR-Studio Agentは、これらのギガバイトデータをネットワーク経由で送り出さないことを忘れないでください。R-Studio Agentは、動作しているコンピューター上で実際のデータ分析を行い、データに関する情報のみをその「元」のR-Studioに送信します。さらに、復元されたその他のサービスファイル(画像、スキャン情報など)は、ネットワーク経由で転送せずにリモートコンピューターに保存できます。R-Studio Corporateライセンスには、リモートコンピューター用に追加のR-Studio Agentライセンスが1つ含まれ、追加料金でR-Studio Corporateパッケージにさらに多くのR-Studio Agentを追加することも可能です。
    ファイル復元ソフトウェア:ネットワークを介したファイル復元
    画像をクリックすると拡大します
    R-Studioはネットワークコンピューター上のデータにアクセスします
    ネットワークデータ復元の詳細は、次の記事をご覧ください。
    R-Studio:ネットワークを介したデータ復元
    ネットワークを介した緊急データ復元
    R-Studio Technician:インターネットを介したデータ復元

2. RAID再構築モジュール
R-Studioオンラインヘルプ:ボリュームセットとRAID
これは、他のほとんどのデータ復元会社が提供するような基本的なRAIDリカバリ機能ではありません。R-StudioのRAID復元モジュールは、スタンドアロンのアレイ再構成機能に匹敵する高度で用途の広い機能を提供します。
ファイル復元ソフトウェア:RAID復元
画像をクリックすると拡大します
R-StudioのRAID5再構築

R-StudioのRAID再構築モジュール機能は次のとおりです。

  • 高度なRAIDレベルには、ネストされた非標準レベルが多数含まれています。高度なパリティ遅延制御を備えた該当する全てのRAIDレイアウトのパリティ遅延に対応。
  • カスタマイズ可能なRAIDレイアウト。任意の数のディスク、複雑なストライプ構成、オフセット、およびブロックサイズで構成されるアレイを作成できます。
  • 基礎仮想概念。ドライブパネルでハードドライブ、論理ディスク、イメージ、およびその他のオブジェクトを簡単に組み合わせて、仮想RAIDを作成できます。不足しているRAIDパーツの仮想代替として、空のスペースまたは不足しているディスクを追加できます。柔軟なパラメータ編集。パラメータを即座に変更して、正しいRAIDパラメータを見つけることができます。
  • 完全一体化。仮想RAIDオブジェクトが作成されると、R-Studioでオブジェクトのデータの分析をすぐに開始し、全てのデータ復元タスクを実行できます。再構築されたRAIDオブジェクトの内容を別のメディアにコピーする必要はありません。
  • 自動RAIDパラメータ認識。R-StudioはRAID5および6の全RAIDパラメータを認識します。この機能で、RAID復元で最も困難な問題の1つを解決する手助けをします。
  • RAID整合性チェック: RAIDのパリティブロックが有効かどうかを確認できます。
  • Windowsダイナミックディスク(ソフトウェアRAID), Windows Storage Spaces(Windows 8 / 8.1および10で作成), AppleソフトウェアRAID, CoreStorage, File Vault,Fusion DriveおよびLinux Logical Volume Manager(LVM / LVM2) mdadmRAIDに対応。R-Studioは、データベースがわずかに破損している場合でも、これらのディスクマネージャーのコンポーネントを自動的に認識して組み立てられます。深刻に破損したデータベースを含むコンポーネントは、手動で追加されます。

RAIDデータ復元の詳細は、次の記事をご覧ください:
RAID復元説明
RAIDパラメータ検索
自動RAIDパラメータ検出

競合他社が提供するこのようなソフトウェアの平均価格はUS $ 80.00です。

このようなソフトウェアの平均価格はUS $ 30.00です。

では、ちょっと計算してみましょう。個別のシングルライセンス製品の費用は、US $ 60.00 + US $ 80.00 + US $ 30.00 = US $ 170.00です。

フル機能を備えたR-Studioローカルバージョンの価格は、たったのUS $ 79.99です。リモートコンピューターの追加ライセンスが付いたR-Studio Corporateパッケージの価格は、US $ 179.99です。

当社の商用製品R-Studio Technician は、上記の機能に加えて、次のようなより高度な機能を提供します。

  • 高度なオブジェクトコピー
    R-Studioオンラインヘルプ:オブジェクトコピー
    ドライブパネルに表示されているオブジェクトを、バイト毎に他のオブジェクトに直接コピーできます。または、スマートなパーティションのコピーやハードドライブを作成して、宛先オブジェクトのオフセットとサイズを調整することも可能です。
    ファイル復元ソフトウェア:高度なオブジェクトコピー
    画像をクリックすると拡大します
    HDDスマートコピー
  • リバースRAIDこの手法により、ユーザーは実際のディスクオブジェクトを仮想RAIDに分解できます。次に、そのリバースRAIDのコンポーネントを実際のオブジェクトのように処理できます。それらは、表示、編集、イメージ化、物理ドライブへのコピーなどが可能です。この手法では、例えば、欠落しているディスクなど、仮想RAIDの実際の親でデータを再構築することも可能です。
  • 仮想ディスクオブジェクトのマウント実オブジェクトや仮想オブジェクトに関わらず、デバイスビューパネルのあらゆるオブジェクトは、ホストオペレーティングシステムにマウント可能で、システムや他のプログラムにアクセスできるようになります。例えば、R-Studioは非常に複雑なRAIDオブジェクトを作成し、それをシステムにマウントでき、別のデータ復元プログラムを使用して、このオブジェクトからデータを抽出できます。さらに、そのようなオブジェクトはR-Studioが閉じられた後もマウントされたままになります。R-Studioオンラインヘルプ:仮想ドライブとしてのシステムでの仮想オブジェクトマウントで、オブジェクトのマウントについて詳しくご確認いただけます。
  • 入出力モニターとセクタマップファイルのサポート:これらの機能により、故障したドライブの操作が大幅に改善されます。
    *入出力モニターは、ドライブの入出力操作のプロセスをリアルタイムで表示します。
    *セクタマップファイルは、ドライブセクタの状態情報を含むファイルであり、良好、不良、低速、および不安定で表されます。R-Studioは独自のセクターマップファイルを作成し、HDDSuperCloneおよびDDRescue softwareによって生成されたそのようなファイルをサポートしています。
  • インターネットを介したデータ復元ネットワーク復元機能に加えて、NATやファイアウォールをトラバース(通過)できます。インターネットを介したデータ復元の詳細については、R-Studio Technician:インターネットを介したデータ復元記事をご覧ください。
  • サードパーティのデータ復元ハードウェアに対応
  • フォレンジックモードこのモードを有効にすると、R-Studioは法廷審問で提示できるフォレンジックデータ収集監査ログを生成します。このログには、フォレンジックデータ収集が行われるハードウェア構成と、復元したファイルのMD5に関する情報が含まれます。フォレンジックモードの詳細については、R-Studioオンラインヘルプのフォレンジックモードをご参照ください。

R-Studioには、これらの機能を単一かつ完全に統合されたプログラムで提供できるという利点があります。16進数のビューア/エディタを使用して、障害が発生したRAIDのハードドライブを参照してパラメータを取得します。また、これらのHDDのイメージを作成して、元のデータを常にそのまま保持し、それらのイメージを読み込み、仮想RAIDを作成し、このRAIDをスキャンして既知のファイルタイプを検索します。さらに、ファイルをプレビューしてデータ復元の可能性を見積り、復元する必要のあるファイルを検索してマークを付け 、全ての復元パラメータを指定し、データ復元を開始します。そして、ネットワーク上のリモートコンピューターの1つのプログラム内で、これら全てを1つのタスクとして実行します。

R-Studioの豊富な機能は、リソースを大量に消費するアプリケーションではありません。少なくとも、256MBのRAMとWin200が必要です。同時に、最先端のコンピューターハードウェアと最新のMicrosoftオペレーティングシステムで機能するように最適化されています。

ご注意:R-Studioは確かに優れた信頼性の高いデータ復元ソフトウェア製品ですが、奇跡を起こすものではありません。ハードディスク上に存在するデータを正常に復元しますが、データが上書きされた場合、そのデータは失われます。R-Studioも、他のデータ復元ソフトウェアやデータ復元のプロも、上書きされた場合はデータを復元することはできません。もう1つの特殊なケースは、ハードウェアに問題があるハードドライブからのデータ復元です。ドライブに物理的な損傷の兆候が僅かにでも見られたら、すぐにR-Studioを使用してそのドライブのイメージを作成してください。R-Studioは、デモモードでイメージを作成し、損傷していない別のデバイスに保存します。元のドライブではなくイメージからのデータ復元は、復元不能なデータ損失を防ぐためにとても良い方法です。問題のあるハードドライブをデータ復元サービス会社に持ち込む場合、通常、その技術者が最初に行うのはハードドライブイメージの作成です。

ただし、ハードドライブに顕著な問題(例えば、粉砕音、引っかき音、または衝撃音)がある場合は、R-Studioまたは任意のソフトウェアを使用しないでください。その場合は直ぐにシステムの電源を切り、ドライブを取り外してください。自分でトラブルシューティングを試みないでください。 データが貴重な場合は、ハードドライブを試さないでください。資格を有するデータ復元のプロにドライブを持参してください。この種のプロは、ハードドライブからデータを読み取り、そのイメージを作成する特別な機器を持っており、そして最も大事な、ドライブを操作するために必要なスキルを有しています。このような状況では、R-Studioを含むデータ復元ソフトウェアは役に立ちません。さらに、これらの問題を示すドライブを改ざんすると、データをさらに傷つけることになります。そして、悲しいことに多くの場合、被害は致命的です。

データ復元に関するフィードバック
362 feedbacks
Rating: 4.8 / 5
Hi!

I used some software for data recovery on MAC, but THIS IS only one, that help me!!!

THX :)

bye
Tom from Hungary
I want to upgrade it to the technician tool.
This tool is amazing. I was able to recover 5 years` worth of lost photos by imaging 4 disks from a corrupted RAID 10 array.

It did a byte copy of the disks and then replicated the array layout and I could see the files instantly. I`d recommend it to anyone, especially at these license fees. You`ll struggle to get better for the price.
After several attempts, using various softwaretools, I wasn`t able to recover any files from my encrypted drive.
I almost had to come to terms with the darkest of dark scenarios, losing it all to oblivion and no one to blame but myself.
Then I came across the demo version of R-studio and decided to giving it a final try.
YES-yes-yes... Utterly wonderfully fabulously FANTASTIC R-Studio!
The most important files were in good condition so (the paid version of) R-Studio could recover these right away.
Unfortunately ...
I accidentally deleted several gigs worth of data from an external drive - no restore point. I tried other recovery software, but what was `recovered` was mostly junk files in randomized order. Considering the cost of professional data recovery, and given the online reviews, I decided to purchase R-Studio.

Wow. Everything - like, EVERYTHING I had ever moved to the Trash from that drive - was recovered, folder and subfolder structure intact.

I am grateful and beyond impressed at this program`s price point ...