当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
  • フォレンジック及びデータ復元ビジネス向けのR-Studio。

ほとんどの場合、最新のコンピューターは信頼性が高いですが、それでも障害は発生しがちです。障害が起こると、重要なデータが失われることが多く、データ復元ビジネスの需要が高まります。一方、多くのIT企業はデータの保護とバックアップに携わっている企業でさえ、顧客にデータ復元サービスの提供を避けています。多くのIT企業は、データ復元サービスは複雑で高価な機器への莫大な投資が必要であり、データ復元は訓練を受けた専門家だけが処理できる難しい作業であると考えているからです。

あらゆるサイズの物理的に破損した記憶媒体が関連する事例は、専門家の手が必要です。しかし、多くの復元事例はそのようなものではなく、一般的なコンピューター、高品質のデータ復元ソフトウェア、および基本的なIT知識だけで解決できます。

それにもかかわらず、多くの潜在的な顧客はデータ復元サービスを自分で行うための時間、労力、または経験が不足しているため、データ復元サービスにお金を惜しみません。そのため、データ復元は一般的なITサービス会社や小さなコンピューター修理店にとって有益な副業になる可能性があります。

当社の R-Studio Technicianパッケージ をご紹介します。このパッケージは、お客様が自身の顧客へ必要な調査やフォレンジックおよび復元ツールを提供できるように、お客様のビジネス用に特別に設計されています。このパッケージは、どのデータ復元ハードウェアツールよりもかなり安価で、多くのデータ復元事例をうまく対処します。

様々な種類のデータ復元
R-Studio Technician が提供しているものを理解する前に、様々な種類のデータ復元(物理的復元と論理的復元)を理解が重要です。

ストレージデバイス自体に損傷がある場合は物理的な復元が必要です。おそらく、チップ不良、スピンドル停止、プレートの傷などが原因です。この種の損傷ではストレージデバイスからデータを抽出するための特別な機器を必要とし、専門的な除塵室で実施する必要があります。また、高度な訓練を受けた認定エンジニアが取り扱う必要があります。これは、費用と時間のかかるプロセスです。トレーニングはもちろん、機器に10,000米ドル以上を費やせない場合は、この種の復元サービスを自身で提供するのは難しいためお勧めしません。代わりに、手数料を払って、正規のデータ復元会社のパートナーになれます。

論理的な復元とはソフトウェアソリューションであり、問題の原因はハードウェア障害ではありません。おそらく、オペレーティングシステムのエラーや、ユーザーの誤った削除が原因です。また、物理的な復元から抽出されたデータに対しても行われます。プロは16進ディスクエディタまたは同様のユーティリティを用いてデータを分析できますが、多くの場合これは必要ありません。代わりに、使いやすい復元ソフトウェアが、高速で効率的な解決方法を提供します。これは、一般的なコンピューターで行え、多くの場合、専用のデータ復元ステーションとしてセットアップされます。ただ、論理的な復元は単純に聞こえますが、致命的なミスや復元可能な全てのファイルを損失しないようにするには、データ復元の重要事項に関する知識と理解が必要です。

高品質なデータ復元ソフトウェアは、あらゆるデータ復元ステーションの要です。 R-Studio Technician は、事実上すべての論理的データ復元のケースを解決できる非常に優れた用途の広いツールであるため、この目的に非常に適しています。

続きを読む:ファイル復元の基本:データ復元の仕組み

 R-Studio Technicianメインパネル
図1。 R-Studio Technicianメインパネル
画像をクリックして拡大する

R-Studio Technician の機能
R-Studio Technician には、プロのデータ分析とファイルの復元:

  • S.M.A.R.T. 属性監視
    このデータはディスクハードウェアの状態を推定し、最適なデータ復元戦略を選択するのに必要です。
  • RAID再構築および復元モジュール
    すべての標準RAIDレベルとオーダーメイドRAID構成のサポートが含まれています。このサポートには自動RAIDパラメーター認識があります。 R-Studio Technician は次のような様々な論理ディスクおよびボリュームマネージャーを自動的に認識します:Windowsダイナミックディスク(ソフトウェアRAIDs)、Windowsストレージスペース、AppleソフトウェアRAIDs、CoreStorage、File Vault、Fusion Drive、Linux論理ボリュームマネージャー(LVM / LVM2)およびmdadmRAIDs。
  • Linux搭載 NAS および DAS デバイスのサポート
  • ディスクイメージを作成のためのディスクイメージングモジュール
    元のディスクからではなく、それらのイメージからデータ復元を実行する方法で、データ復元の専門家が強く推奨する標準的な方法です。
    続きを読む:ファイル復元前にディスクを複製する
  • あるディスクオブジェクトから別のディスクオブジェクトにデータをコピーするために使用するディスクコピーモジュール
    ディスクのクローンを作成する必要がある場合やイメージから物理デバイスにデータを復元する場合にも役立ちます。
  • 高度なテキスト/ 16進ビューア/エディタ
    RAIDパラメータを手動で検索するなどの様々なタスクに最適です。
  • ハードウェアの統合
    データ復元ビジネスがどんどん拡大している場合は、わずかに障害のあるディスクの作業など、より複雑な作業の取り扱いを検討し始める可能性があるでしょう。このような復元には特別なハードウェアが必要です。 R-Studio Technician for Windowsは、ハードウェアの問題があるディスクからのデータ復元用に開発されたディスクイメージングハードウェアであるDeepSparDiskImager™と一体型しています。LinuxおよびMac用のR-Studio Technicianは、 DeepSparDiskImager™が作成したイメージを操作できます。
    続きを読む: DeepSparDiskImager™の操作
  • フォレンジックモード
    このモードを有効にすると、 R-Studio Technician は、法廷審問で提示できる特別なフォレンジックデータ収集監査ログを作成できます。このログには、フォレンジックデータ収集が行われるハードウェア構成と、復元されたファイルのMD5に関する情報が含まれます。 R-Studio Technician は、フォレンジックコミュニティで高く評価されています。

続きを読む:どうしてR-Studio?

R-Studio Technicianコンポーネント

1。R-Studio Technician(Windows、LinuxやMac向け)
ストレージデバイスをコンピューターから取り外して、 R-Studio Technician がインストールされているコンピューターに直接接続できる場合、ほとんどのデータ復元に使用できるメインツールです。

ファイル復元機能に加えて、専門的なデータ復元に必要な次の拡張機能が含まれています。

  • 多言語インターフェース。
  • 非常に優れたファイルビューア。ネイティブアプリケーションをインストールしなくても、多くのファイル形式を表示/再生できます。これらの形式には、Adobe Acrobat、Microsoft / Open / Libre Officeドキュメント、およびほとんど全てのオーディオ、ビデオ、グラフィックファイルが含まれますが、これらに限定されません。
    Mac用の R-Studio Technician でのファイルプレビュー
    図2.Mac用の R-Studio Technician でのファイルプレビュー(2009年後半)
    画像をクリックして拡大する
  • ローカルネットワークを介したデータ復元。この方法は、コンピューターからディスクを物理的に取り外して、 R-Studio Technician がインストールされているコンピューターに接続することが不可能な場合に不可欠です。代わりに、通常のローカルネットワークを介して、または R-Studio Technician を使用してコンピューターをリモートネットワークに直接接続するパッチコードを介して接続を行えます。

    続きを読む: R-Studio:ネットワークを介したデータ復元
    ローカルネットワーク経由でMacminiコンピューターに接続されている R-Studio Technician
    図3.ローカルネットワーク経由でMacmini(2014年後半)コンピューターに接続された R-Studio Technician
    画像をクリックして拡大する

2。 R-Studio Emergency
このツールはR-Studioソフトウェアを使用してスタートアップデバイスを作成、これを用いて、コンピューターのオペレーティングシステムを回避できます。

R-Studio Emergency は、通常の方法では起動できないコンピューターから、またはApple端末や小型ノートパソコンなど開けないコンピューターからディスクを取り外すのが難しい場合にデータを復元するために使用されます。

また、現地でデータ復元を行うために顧客の場所へ直接持っていけるR-Studioのポータブル版として使用することも可能です。また、技術者の中にはその簡素さから R-Studio Emergency の使用を好み者もいます。顧客のコンピューターを分解して、損傷したデータデバイスを輸送する必要はありません。

Macminiコンピューターからデータを復元する際に使用する R-Studio Emergency
図4.Macminiコンピューターからデータを復元する際に使用する R-Studio Emergency
画像をクリックして拡大する

R-Studio Emergency は、古いコンピューターの場合、USBスティックまたはCD / DVDディスクのいずれかで作成可能です。同様に、古いBIOSと新しいMacやWindows端末のような最新UEFIコンピューターの両方を、 R-Studio Emergency 起動デバイスから始動できます。

優れたファイルプレビューア、復元されたファイルを保存するネットワークドライブのサポート、分析など、他のツールと同じ機能を備えています。さらに、様々な安全なワイプアルゴリズムを使用してドライブ上のデータを消去できます。

R-Studio Emergency 起動デバイスの作成は簡単です。 R-Studio Emergency (技術者バージョン)GUI Startup Media Creatorをダウンロードして実行し、使用するメディアタイプ(ISOイメージ、CD / DVDレコーダー、またはUSBスティック)を選択します。技術者パッケージは特定のマシンに連動しておらず、その R-Studio Emergency は必要に応じて別のマシンに転送できるため、必要な柔軟性を提供します。

R-Studio Emergency GUI Startup Media Creator
図5. R-Studio Emergency GUI Startup Media Creator
画像をクリックして拡大する

続きを読む: R-Studio Emergencyを用いた緊急ファイル復元

3. R-Studio Portable
R-Studio Portableは外部デバイス(通常はUSBスティックまたはCD / DVD)にインストールされ、そのデバイスから実行して、顧客のコンピューター上に R-Studio Technicianのインストールを回避できます。

これはオペレーティングシステムが機能しているコンピューターからのエクスプレスファイル復元向けに使用されます。このような場合、ソフトウェアをインストールする必要はありません。準備済みのUSBスティックをコンピューターに接続し、 R-Studio Technician を起動するだけです。

また、データへのアクセスに特別なドライバーを必要とする独自のハードウェアを搭載したコンピューターからデータを復元するために使用される場合もあります。もう1つの事例は、銀行、官公庁、大企業など、アクセスが制限されているコンピューターからの復元です。これは、顧客の施設でのみ実行する必要があります。

続きを読む: Macシステムディスクからファイルを復元する最良の方法

R-Studio Technicianライセンス

1. 商用復元
R-Studio Technician ライセンスは、サードパーティのストレージデバイスからのデータ分析とファイル抽出を含む商用データ復元、フォレンジック、およびその他のサービスを実行する権利をお客様に付与します。

2. マルチプラットフォームライセンス
R-Studio Technician のインスタンスが一度に1つだけ使用される場合、 R-Studio Technician ライセンスキーは3つ全ての R-Studio Technician バージョン(Windows、Mac、Linux)で有効です。一般的に、3つのバージョンは全て同じ機能を備えており、同じように機能します。例外として、Windows版が常に最初にリリースされるため、MacやLinuxの版よりも高度な機能を搭載している場合があることです。

3. 柔軟なインストールオプション
データ復元を行うために、顧客のコンピュータに R-Studio Technician のコピーを一時的にインストールする権利があります。このようなコピーは、復元が終わった際に削除されます。

パッケージには R-Studio Emergency が含まれており、提供される各コンピューターでアクティベーションを必要としないバージョンです。オペレーティングシステムに関係なく、インストールやファイルの書き込みを行わずとも、お客様のコンピューター上のリムーバブルメディアから実行できます。

R-Studio Technician をUSBスティックに配置し、正常なオペレーティングシステムで実行してストレージメディアを迅速に検査および分析することも可能です。

インターネットを介したデータの復元
インターネットを介して顧客のコンピューターにアクセスし、遠隔でファイルを復元することも可能です。オフィスや修理店から遠く離れたお客様にエクスプレスサービスを提供できる便利な機能です。

破損したハードドライブやコンピュータを宅配便ですぐに発送する必要はありません。最初は、顧客が R-Studio Emergency をダウンロードしてコンピュータにインストールするだけで、インターネット経由で遠隔接続ができます。お客様のコンピューターにアクセスできるようになると、その初期ストレージデバイスとそのコンテンツの検査と検証を行います。

問題のあるディスクのイメージを遠隔で作成し、それを別の正常なストレージメディアに保存することをお勧めします。イメージが作成された後に、イメージからファイルの復元を試みることができます。 R-Studio Technician には、このような作業向けに2つの重要な機能があります。

  1. 復元したファイルとイメージは、ローカルコンピューターまたはリモートコンピューターのいずれかに保存されます。
  2. ファイルの保存先をリモートコンピューターにしている場合、ネットワークを介してデータを行ったり来たりさせません。R-Studioはファイルをリモートコンピューターに直接保存するため、ネットワークトラフィックが大幅に削減されます。

このように、顧客がより詳細な調査を行うために物理ディスクをあなたに送る必要がある場合でも、顧客は常にイメージファイルにデータのコピーを保持しているため、輸送中の損傷や損失から保護します。

R-Studio Technician がインターネット経由でリモートLinuxサーバーに接続
図6.R-Studio Technicianがインターネット経由でリモートLinuxサーバーに接続
画像をクリックして拡大する

続きを読む: R-Studio Technician :インターネットを介したデータ復元

データ復元ステーションの要件

データ復元ステーションは、次の最低システム要件を満たしている必要があります。

ハードウェア

  • CPU:Intel Core i5または同等のAMD。
  • RAM:32GB。データ復元作業が大きい場合は、RAMが多いほど良く、CPUよりも大切です。

ハードドライブを接続するためのポート:

  • SATAポート:1つはシステムディスク用、4つはRAIDからデータを復元し、ディスクを接続して復元されたデータを保存します。
    複数のSATAディスクが接続された典型的なデータ復元作業の写真
    図7.複数のSATAディスクが接続された典型的なデータ復元作業の写真
    画像をクリックして拡大する
  • PATA(IDE)ポート:1つは古いディスクに接続します。最近、ほとんどのシステムボードにはIDEコネクタがないため、IDEポートまたは特別なIDE-SATAアダプタを備えた追加のカードが必要です。
    IDEポートに接続した古いハードドライブを備えた追加のカード
    図8.IDEポートに接続した古いハードドライブを備えた追加のカード
    画像をクリックして拡大する

    IDE-SATAアダプタ
    図9.IDE-SATAアダプタ
    画像をクリックして拡大する
  • USBスティック、メモリーカード、およびM.2 SATA / NVMeSSDデバイス向けのUSB3ポートおよびアダプタ。重要なのは、最近の外付けハードドライブにはUSBポートしかないため、別の方法でコンピューターに接続できないということです。さらに、安価なアダプタはIDE / miniIDEハードドライブを古いノートパソコンからUSBポートへ接続するのに役立ちます。

オペレーティングシステム:

WindowsとLinuxのデュアルブートシステムの使用をお勧めします。これにより、特定のファイル復元作業に最も適したオペレーティングシステムをお使いいただけます。

通常、Linuxマシン上のWindowsストレージデバイス、およびWindowsマシン上のMacやLinuxストレージデバイスからファイルを復元します。これにより、オペレーティングシステムが破損したネイティブファイルシステムの「修復」を妨げられ、データの復元をより困難にします。

R-Studio Technician ライセンスを使用すると、同じ物理ハードウェア上のWindowsとLinux両方の構成でソフトウェアを同時にインストールできます。

R-Studio Technician向けの場所は常にあります

プロのデータ復元ハードウェアを使用するレベルまでデータ復元ビジネスが成長したとしても、 R-Studio Technician はデータ復元ツールセットの要であり続けます。

ハードウェアツールを使用してハードドライブから生データを抽出し、ソフトウェアツールを用いてこのデータを処理し、失われたファイルを見つけます。ほとんど全てのハードウェアツールが対応するソフトウェアに付属していますが、 R-Studio Technician は、様々なデータ復元プログラムが独自のデータ復元アルゴリズムを使用し、様々な結果をもたらす可能性があるため、それらの代替品として適しています。

私たちは論理的なデータ復元ツールを提供するために最善を尽くし、データ分析と失ったファイルの復元で最高の結果をもたらします。

データ復元に関するフィードバック
362 feedbacks
Rating: 4.8 / 5
Hi!

I used some software for data recovery on MAC, but THIS IS only one, that help me!!!

THX :)

bye
Tom from Hungary
I want to upgrade it to the technician tool.
This tool is amazing. I was able to recover 5 years` worth of lost photos by imaging 4 disks from a corrupted RAID 10 array.

It did a byte copy of the disks and then replicated the array layout and I could see the files instantly. I`d recommend it to anyone, especially at these license fees. You`ll struggle to get better for the price.
After several attempts, using various softwaretools, I wasn`t able to recover any files from my encrypted drive.
I almost had to come to terms with the darkest of dark scenarios, losing it all to oblivion and no one to blame but myself.
Then I came across the demo version of R-studio and decided to giving it a final try.
YES-yes-yes... Utterly wonderfully fabulously FANTASTIC R-Studio!
The most important files were in good condition so (the paid version of) R-Studio could recover these right away.
Unfortunately ...
I accidentally deleted several gigs worth of data from an external drive - no restore point. I tried other recovery software, but what was `recovered` was mostly junk files in randomized order. Considering the cost of professional data recovery, and given the online reviews, I decided to purchase R-Studio.

Wow. Everything - like, EVERYTHING I had ever moved to the Trash from that drive - was recovered, folder and subfolder structure intact.

I am grateful and beyond impressed at this program`s price point ...