当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
  • R-Studioのランタイムイメージング

R-Studio Technician バージョンでは、次の3種類のオブジェクトイメージングを実行できます:

  • リニアイメージング(ドライブの最初から最後まで)
  • ランタイムイメージング(他のドライブ操作と並行したドライブイメージング)
  • マルチパスイメージング (複数のパスでドライブイメージングを実行)

上記3種類の比較表は、リニアイメージング・ランタイムイメージング・マルチパスイメージング記事でご確認いただけます。

問題が生じているハードドライブを操作する最善の方法は、まずイメージを作成し、ドライブを別の場所に置いたまま、そのイメージで必要なディスク操作を全て実行することです。このような方法により、ディスクの摩耗を最小限に抑えられるため、今すぐにでも故障しそうなドライブにとって特に有効です。

全てのデータ復元プログラムに、イメージング機能が内蔵されていると言ってもいいぐらいです。ただ、それらのほとんどは、リニアディスク読み取りを用いてドライブを最初から最後まで読み取ります。このアプローチでは読み取りスピードはより速くなりますが、非常に深刻な欠点もあります。

例えば、プログラムが不良セクタの多い領域に達すると、行き詰まってしまう可能性があり、有意な結果を生成せずに多くの時間を無駄にします。さらに、イメージングに奮闘しているドライブが完全に故障してしまう可能性があり、そうなるとデータの復元がほぼ不可能になります。ただ、ディスク全体から全てのデータを取得する必要がない場合がほとんどです。例えば、復元するファイルが少なく、それらのファイルを含むドライブ領域のイメージのみが必要な場合です。ランタイムイメージングもこの目的にご使用いただけます。

ランタイムイメージングでは、任意の目的で読み取られているソース(故障したドライブ)からの全てのデータが、別のストレージデバイス(ターゲット)に同時に書き込まれます。そのデータを使用した後の操作は、そのターゲット上で行われます。このアプローチは、必要なディスク領域からだけ読み取ることでの高速な読み取り速度と、ディスクイメージングの信頼性向上を兼ね備えています。
R-Studioのランタイムイメージング
画像をクリックすると拡大します

R-Studio Technicianを使用してランタイムイメージングを実行すると、ソース(故障した)ドライブからデータを保存し、別の物理ドライブまたはイメージファイルに転送できます。さらに、専用のデータ復元ハードウェアと組み合わせて、非常に脆いまたは誤動作しているハードドライブからデータを抽出できます。

例として、R-Studio T80+を搭載しているWindows10マシーンにDeepSpar USB stabilizerを介して接続されている故障したドライブのランタイムイメージングを示します。ターゲットとして別のハードドライブを使用します。

1. DEEPSPAR:WDC...ハードドライブを選択し、「ランタイムイメージング開始」ボタンをクリックします。
ランタイムイメージングのソースとターゲット
画像をクリックすると拡大します

宛先タイプでセクタバイセクタクローンを選択し、ターゲットとしてWDC WD 1600BEVTドライブを選択してください。セクタマップファイルの場所と名前も指定する必要があります。ソースドライブやデスティネーションドライブに配置できませんのでご注意ください。

R-Studioは、ターゲット上のデータが完全に失われるのを警告します。システムや他のプログラムにもアクセスできません。
ターゲット上のデータが全て失われることを警告
画像をクリックすると拡大します

[はい]ボタンをクリックすると、R-Studioがランタイムイメージングを開始します。
ランタイムイメージング
画像をクリックすると拡大します

ソースのデータを全て読み取りターゲットにコピーした場合、ターゲットはソースの正確なコピーになり、以降の操作は全てターゲットドライブから実行できます。その結果、ソースをシステムから削除できます。
R-Studioのソースとして使用されるターゲット
画像をクリックすると拡大します

スキャン情報やセクタマッピングなどソースから取得した情報を全て読み込んで、ターゲットからのデータ復元に使用できます。

結論:
R-Studio Technicianがサポートするランタイムイメージングは、他のドライブ操作と並行してオブジェクトイメージを作成する便利な機能です。このアプローチにより、読み取り速度が速くなり、オブジェクトイメージングの信頼性が高まります。

データ復元に関するフィードバック
362 feedbacks
Rating: 4.8 / 5
Hi!

I used some software for data recovery on MAC, but THIS IS only one, that help me!!!

THX :)

bye
Tom from Hungary
I want to upgrade it to the technician tool.
This tool is amazing. I was able to recover 5 years` worth of lost photos by imaging 4 disks from a corrupted RAID 10 array.

It did a byte copy of the disks and then replicated the array layout and I could see the files instantly. I`d recommend it to anyone, especially at these license fees. You`ll struggle to get better for the price.
After several attempts, using various softwaretools, I wasn`t able to recover any files from my encrypted drive.
I almost had to come to terms with the darkest of dark scenarios, losing it all to oblivion and no one to blame but myself.
Then I came across the demo version of R-studio and decided to giving it a final try.
YES-yes-yes... Utterly wonderfully fabulously FANTASTIC R-Studio!
The most important files were in good condition so (the paid version of) R-Studio could recover these right away.
Unfortunately ...
I accidentally deleted several gigs worth of data from an external drive - no restore point. I tried other recovery software, but what was `recovered` was mostly junk files in randomized order. Considering the cost of professional data recovery, and given the online reviews, I decided to purchase R-Studio.

Wow. Everything - like, EVERYTHING I had ever moved to the Trash from that drive - was recovered, folder and subfolder structure intact.

I am grateful and beyond impressed at this program`s price point ...