当社は、ソフトウェア開発業界に新たな基準を設定し、 高速で効率的、そして手頃な価格のソフトウェアソリューションを提供することをお約束します。
  • R-Linux
  • R-Linux の機能履歴
バージョン 5.x
  • S.M.A.R.T. 監視属性。 R-Linux は、ハードウェアの健全性を示し、それらの障害の可能性を予測するためにハードドライブの S.M.A.R.T. (セルフモニタリング、分析および報告技術)属性を表示することができます。 S.M.A.R.T. 警告が表示された場合、そのようなハードドライブでの不要な作業を回避すべきです。
  • 高速読み取り装置用の加速されたディスクスキャン
  • 削除されたファイルのバージョンを検索します。 R-Linux は、検索パラメータとして、サイズ、名称や拡張子、および、認識されたファイルの種類を使用して削除したファイルのバージョンを検索することができます。
  • 16 進エディタでの改善されたデータ選択。 ショートカットメニューの「開始位置の選択」および「終了位置の選択」コマンドを用いて、領域の開始および終了を選択できるようになりました。
  • 16 進エディタで既存ファイルにデータを追加します。 エディタで選択したファイルの断片を、既存ファイルに追加することができます。
  • 外部ファイルを 16 進エディタで開いたファイルの選択位置に読み込むことができます。
バージョン 4.x
  • 新しいファイルシステムのサポート: Ext4 FS
  • 多目的なデータ可視化。R-Studio は、実フォルダ/ファイル構造として、または、拡張子、作成日時、最新アクセス日時、変更回数によりソートされたファイルとしてディスク上のデータを表示します。
  • ファイルのソート中。 検出されたファイルおよびフォルダは、元の構造、ファイル拡張子あるいはファイル作成日時/修正日時により簡単にソートすることができます。
  • 大量ファイル復元のサポート。 R-Linux は、全ファイルを復元するデータ復元オプションを自動的に適用します。
  • 共通検索/マークダイアログ。 R-Linux は、Find/Mark ダイアログで指定した検索オプションに一致する複数ファイルを自動的に検索し、マークします。
  • 16 進エディタの拡張。 ファイルを ANSI または UNICODE テキストとして表示します。
  • 圧縮イメージフォーマットのサポート。 R-Linux がディスクおよぶその一部のイメージを作成するとき、イメージを圧縮するか、または、複数ファイルに分割して、CD/DVD/フラッシュドライブあるいは FAT16/FAT32* 上に保存することができます。
    * R-Linux は、作成したイメージをデータ復元の目的でもに読込み、開きます。 ディスクのイメージングおよび復元タスクには、R-Drive Image ソフトウェアをご検討ください。
バージョン 3.x
  • 既知のファイルタイプのサポート。 R-Linux は、ハードドライブ、CD、DVD、フロッピーディスク、コンパクトフラッシュカード、USB ドライう、ZIP ドライブ、メモリスティック、および他のリムーバルメディアを含む未知のファイルシステム上のファイルを既知のファイルタイプのファイル構造を使って検索します。
  • スキャンプロセスの可視化。 オブジェクトをスキャン中、R-Linux は、検出したアイテムをグラフィック表示します。
  • 16 進数 ディスクおよびファイルエディタ。
  • GPT および APM パーティションレイアウトスキーマをサポートします。
データ 復元 アーティクル
PC プライバシー アーティクル