Mac 用データ復元

In the family of powerful and cost-effective data recovery software from R-TT 社の提供する強力で費用対効果の高いデータリカバリソフトウェアファミリーの中で、Mac 版 R-Studio は、特に、Mac OS 環境用に設計されています。 それは、HFS/HFS+ (Macintosh)、FAT/NTFS (Windows)、UFS1/UFS2 (FreeBSD/OpenBSD/NetBSD/Solaris)および Ext2/Ext3/Ext4 FS (Linux)パーティションからファイルを復元します。更に、大きく破損したファイルシステムまたは未知のファイルシステムに対して、ローファイル復元(既知のファイルタイプのスキャン)を使うことができます。また、Mac 版 R-Studio は、フォーマット、損傷、または削除されたパーティションからもデータを復元します。柔軟性のなるパラメータ設定で、データ復元を完全に制御できます。

Mac 版 R-Studio の復元ファイル:

  • ホストOS: Intel、PowerPC G5 または PowerPC G4 CPUを搭載したコンピュータで動作するOS X 10.11 El Capitan、OS X 10.10 Yosemite、OS X 10.9 Mavericks、OS X Mountain Lion 10.8、OS X Lion 10.7、OS X Snow Leopard 10.6、OS X 10.5 Leopard および OS X Server 10.5 Leopard。
  • サポートされるファイルシステム: HFS、HFS+、HFSX、FAT12、FAT16、FAT32、exFAT、NTFS、NTFS5、ReFS、Ext2 FS、Ext3 FS、Ext4 FS、UFS1、UFS2 および UFS ビッグエンディアン。
  • ネットワーク上のデータ復元。* Win2000/XP/2003/Vista/2008/2012/Windows 7/8/8.1、Macintosh、Linux、および UNIXを実行するネットワーク上のコンピュータからファイルを復元することが可能です。
    * Mac Network 版 R-Studio のみ。
  • 既知のファイルタイプのサポート(RAWファイルの復旧)。R-Studio for Mac は代表的な特定のファイルタイプ(Microsoft Office 文書、jpg ファイル等)の特定のデータパターン(「ファイル署名」)を検索し、HD、CD、DVD、フロッピーディスク、コンパクトフラッシュカード、USB ドライブ、ZIP ドライブ、メモリースティック、およびその他のリムーバルメディアを含む様々なデバイス上の激しく損傷したファイルシステムや未知のファイルシステムのあるディスクからユーザーがデータを復旧することを可能としています。既知のファイルタイプのサポートは、HFS および HFS+ パーティションからのデータ復旧の主要部をなす必須のオプションです。ファイル署名データベース全体は定期的にチェックと更新が行われています。
  • 拡張可能な既知のファイルタイプ。 エンドユーザーは既知のファイルタイプに新規ファイルを追加することができます。
  • ファイルのソート。 検出されたファイルおよびフォルダは、元の構造、ファイル拡張子あるいはファイル作成日時/修正日時により簡単にソートすることができます。
  • スキャンプロセスを視覚化します。 オブジェクトをスキャン中、Mac 版 R-Studio は、既知のタイプ、HFS/HFS+ ボリュームヘッダー、HFS/HFS+ BTree+ ノード、FAT および NTFS MFT レコード、ブートレコードなどの検出された項目をグラフィカルに表示します。
  • 大量ファイルの復元をサポートします。
  • APM、基本および GPT をサポートします。 Mac 版 R-Studioは、 Macintosh コンピュータで利用される低レベルのフォーマット形式である 3 つのパーティションスキームをすべてサポートします。
  • 非同期型の Windows ソフトウェア RAID を含むダイナミックディスクのサポート。
  • HFSJ および HFSX ボリュームのサポート。
  • 損傷した RAID の復旧。 標準の RAID (ボリュームセット、0、1、4、5、6) レベルをサポートします。ネストされた非標準の RAID レベル (10(1+0)、1E、5E、5EE、6E) をサポートします。 適用可能なすべてのレベルでパリティ遅延をサポートします。 顧客が指定する RAID レイアウトをサポートします。
  • ハードウェア RAID、ボリュームセットおよびストライプセットをサポートします。
  • Windows 記憶域スペース (Windows 8/8.1 および 10/Threshold 2)、Apple ソフトウェアRAID、および Linux LVM/LVM2 をサポートしています。Mac 版 R-Studio は、そのデータベースが少し損傷している場合でも、これらのディスクマネージャのコンポーネントを自動的に認識し、組み立てることができます。 重度に破損したデータベースとそのコンポーネントを手動で追加することができます。
  • 自動RAIDパラメータ認識。R-Studio はRAID 5 および 6用の全てのRAIDパラメータを認識することができます。この機能により、ユーザーはRAID復元における最も困難な問題の一つであるRAIDパラメータ認識を解決することができます。
  • ハードドライプ全体、論理ディスクまたはその一部のイメージファイルを作成します。 その後、イメージファイルを通常ディスクの様に処理します。 イメージは以前のバージョンの R-Studio と互換性を保つため厳密にコピーされるか(プレーンイメージ)、または、圧縮、いくつかの部分に分割、およびパスワード保護できます。 圧縮されたイメージは R-Drive Image で作成されたイメージと完全に互換性がありますが、以前のバージョンの R-Studio とは互換性がありません。
  • 損傷または削除パーティション上のファイルを復元します。
  • データフォーク、リソースフォーク、ファインダ情報および UNIX ファイルシステムパーティションを復元します。
  • NTFS パーティションから圧縮ファイル、暗号化ファイルおよび代替データストリームを復元します。
  • ローカライズされた名称を認識します。
  • 復元されたファイルは、ホストオペレーティングシステムが到達できるネットワークディスクに保存できます。
  • 16 進数ディスクエディタおよびファイルエディタは、HFS/ HFS+ データフォーク、リソースフォークおよび NTFS ファイルの非常駐属性の編集をサポートします。
  • 16 進数エディタでパターン(またはテンプレート)を使って、データ構造に合わせてデータを解析することができます。 そのようなパターンをカスタム作成することが可能です。
  • ファイルのプレビュー。 ほとんどのグラフィックファイルをプレビューして、復元の可能性を評価することができます。
  • S.M.A.R.T. 監視属性。 Mac 版 R-Studio は、ハードウェアの健全性を示し、それらの障害の可能性を予測するためにハードドライブの S.M.A.R.T. (セルフモニタリング、分析および報告技術)属性を表示することができます。 S.M.A.R.T. 警告が表示された場合、そのようなハードドライブでの不要な作業を回避すべきです。
  • exFAT パーティション復旧のための新しい高度なアルゴリズム。
  • ファイル署名データベースの定期的なチェックと更新が行われる、RAWファイル復旧のための新しく高度なアルゴリズム(ファイル署名の検索)。
  • 非同期型の Windows ソフトウェア RAID をサポート。
  • Windows 10 Threshold 2により作成されるWindows 記憶域スペースのサポート。
  • 高速読み取り装置用の加速されたディスクスキャン
  • NTFS と FAT パーティションをより信頼性高く、大幅に高速に認識します。
  • 削除されたファイルのバージョンを検索します。 Mac 版 R-Studioは、検索パラメータとして、サイズ、名称や拡張子、および、認識されたファイルの種類を使用して削除したファイルのバージョンを検索することができます。
  • 16 進エディタでの改善されたデータ選択。 ショートカットメニューの「開始位置の選択」および「終了位置の選択」コマンドを用いて、領域の開始および終了を選択できるようになりました。
  • 16 進エディタで既存ファイルにデータを追加します。 エディタで選択したファイルの断片を、既存ファイルに追加することができます。
  • 外部ファイルを 16 進エディタで開いたファイルの選択位置に読み込むことができます。
  • OS X システムにより作成されるApple ソフトウェアRAIDをサポート。R-Studio はその構成メンバーを自動的に認識し構築することができます。激しく損傷したRAIDパラメータレコードのあるメンバーはマニュアルで追加することができます。
  • Windows 8/8.1 および Windows 10により作成されるWindows 記憶域スペースのサポート。R-Studio は少々データベースが損傷している場合でも、Windows記憶域スペースを自動的に構築することができます。幾つかの親にてデータベースが完全に損傷している場合、それらは手動で構築することができます。
  • Linux 論理ボリュームマネージャ (LVM/LVM2)のサポート。R-Studio はそのボリュームを自動的に認識し、RAIDパラメータレコードが少々損傷している場合でも、そのコンポーネントから構築を行うことができます。激しく損傷したRAIDパラメータレコードのあるコンポーネントはマニュアルで追加することができます。
  • DiskSpar ディスクイメージャおよびディスクマップのサポート。R-Studio はR-StudioなしでDiskSpar ディスクイメージャにより作成されるイメージおよびディスクマップを読み込み、処理することができます。
  • S.M.A.R.T. 属性の監視。 R-Studioはハードドライブの S.M.A.R.T. (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology) 属性を表示し、その健康状態の表示と発生しうる障害を予測することができます。S.M.A.R.T警告が発生した場合、そのようなハードドライブでは不必要な作業は一切避けるべきです。
  • HFS+のフォルダハードリンクをサポート。
  • GUIの言語: 英語, ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、簡体字および繁体字中国語、日本語。
  • 自動RAIDパラメータ認識。R-Studio はRAID 5 および 6用の全てのRAIDパラメータを認識することができます。この機能により、ユーザーはRAID復元における最も困難な問題の一つであるRAIDパラメータ認識を解決することができます。
  • 新しいRAIDレベルをサポート: RAID10 (1+0)、RAID1E、RAID5E、RAID5EE、および RAID6E。
  • 適用可能なすべての RAID レイアウトでパリティ遅延をサポートします。
  • インターフェースの言語はオンザフライで変更することができます。
  • Mac および UEFI 対応のコンピューター向けに緊急スタートアップ動作を改善しました。
  • RAWファイル復旧のための高度なアルゴリズム(ファイル署名の検索)。
  • 16 進数エディターの拡張:ファイルの位置が特定のディスクセクター上に表示されます。
  • ディレクトリジャンクションとシンボリックリンクのサポート。
  • Microsoft 社がその新しい Windows 2012 Server に導入した新しいローカルファイルシステムであるREFS(レジリエントファイルシステム)をサポートします。
  • 新しいファイルプレビュワー次の追加ファイルフォーマットをサポートします: Adobe Acrobat PDF、Microsoft Office ドキュメント doc、xls、ppt(Office 97-2003)、docx、xlsx、pptx。
  • 新しい RAID レベルのサポート: RAID10 (1+0)、RAID1E、RAID5E、RAID5EE、RAID6E、 および、しばしば HP サーバで使用されるパリティ遅延式 RAID5。
  • ほとんどすべての R-Studio のファイル(イメージ、スキャン情報、ログなど)を、リモートコンピュータに保存したり、リモートコンピュータからロードしたりすることができます。
  • イメージの作成のスキャンを同時に行います。 Linux 版 R-Studio は、イメージの作成と、イメージからのデータのスキャンを同時行えるようになりました。 結果、次の 2 つのファイルが同じ場所に作成されます: イメージファイルとスキャン情報を含むファイル。
  • ファイル復元リスト:Mac 版 R-Studio からエクスポート可能なディスクのファイルリストで、手動で編集でき、インポートして、これらのリストのファイルを自動的に復元用にマークすることができます。そのようなリストは、復元するファイルを決定する人が遠くにいる場合、非常に有用です。
  • RAID 整合性チェック: RAID 上のパリテブロックが正常かどうかを確認することがきます。
  • イメージファイルおよびスキャン情報ファイルは、リモートコンピュータ上に保存、または、リモートコンピュータから読込みが行われます。 これにより、Mac 版 R-Studio は、ネットワーク復旧中にネットワーク上の大量データボリュームの伝送をさけることができます。
  • Reed-Solomon および Vertical XOR を含む RAID 6 をサポートします。 カスタム指定された RAID 6 レイアウトをサポートします。
  • exFAT および Ext4 FS ファイルシステムをサポートします。
  • 高度なオブジェクトコピー。 ドライブパネル内でのオブジェクトのバイト単位でのコピーに加えて、サイズおよびオフセットを調整するパーティションおよびハードドライブのスマートコピーが利用可能です。
ユーティリティ HFS/HFS+ NTFS FAT Ext2/Ext3/Ext4/UFS 価格(米ドル) 取得 使用許諾契約書
ローカルでの復元 ネットワーク上での復元 ローカルでの復元 ネットワーク上での復元 ローカルでの復元 ネットワーク上での復元 ローカルでの復元 ネットワーク上での復元
R-Studio for Mac Network 179.99 Buy Now 使用許諾契約書を参照する
R-Studio for Mac 79.99 Buy Now 使用許諾契約書を参照する
R-Studio Agent           使用許諾契約書を参照する
R-Studio Agent Emergency           使用許諾契約書を参照する
R-Studio Emergency            
ボリュームライセンス        

ユーティリティはサイズ制限なくファイルを復元できます   ユーティリティは、256KB 未満のファイルを復元できます   サービスユーティリティ

ローカルでの復元 ローカルでの復元   ネットワーク上での復元 ネットワーク上での復元

© Copyright 2000-2016 R-Tools Technology Inc.