ハードドライブ回復ハードウェアとの統合

IT 業界では、故障したドライブを回復できる、データ回復ソフトウェアでは回復することができないドライブを回復できるプロ向けデータ回復機器への需要が増大しています。 これらのドライブの多くには、多数の不良セクタ、時おり非応答状態になる、コマンド処理時間が極めて遅くなるなどのディスクの読取りが不安定になるという問題があります。 これらのドライブは、機械部品または電子部品の交換を必要しないプロ向けデータ回復ディスクイメージング装置により回復することができます。 このような問題のあるドライブは、通常、システムソフトウェア(BIOS/OS)が応答を停止し、ドライブが全く認識できない可能性があります。 問題が BIOS/OS レベルであるので、その解決策は専用ハードウェアへの投資を必要とします。

現在、R-Studio は、DeepSpar Disk Imager(DDI)との統合に基づき、ハードディスクドライブのハードウェアレベルでディスク回復機能を提供します。

この統合により、以下が可能になりました:

R-Studio ユーザーの利点 DDI ユーザーの利点
コンピュータの BIOS をバイパスする低レベルのハードウェアソリューション 幅広いファイルシステムおよびそれらの様々なバリアントをサポートします
特定のドライブの読み取り/書き込みヘッドを無効にします ファイルベースのイメージングにより、RAID アレイを直接イメージ化します
SMART サブシステム、不良セクタの再配置、先読み機能を無効にします 広範な RAW ファイル回復機能
ソフトウェア/ハードウェア/PHY ドライブのリセットコマンドによりタイムアウトを制御しながらセクタを読み取ります ファイルシステム回復用の改良されたアルゴリズム
破損したデータのビットレベルの分析により、読み書きチャネルノイズを除去します R-Studio のユーザーフレンドリなインターフェイス
完全にカスタマイズ可能なマルチパスイメージング 拡張されたレポート機能

ソフトウェア回復の次のステップは、常にデータ回復ディスクイメージング装置となっています。 なぜですか? ここに、プロ向けデータ回復プロセスが関与する回復手順とツールの投資収益率(初期および運用時間/コスト/リスクに基づく)による優先順位が付けられた一覧があります。:

  • 論理回復ソフトウェア: ソフトウェアがほとんどのタスクを自動化するため、低い初期コストと最低限の知識のみが必要です。
  • Data Recovery Imaging: ディスクイメージング操作を行うために、高い初期コストと高い知識は必要ありません。 運用コストは不要です。
  • ハードディスクドライブボードの交換(または、外部 ROM チップを故障したボードからドナーに移動する): 適合するドナーを見つけるために初期投資、高い操作時間/費用/リスクおよび専門知識は必要ありません。
  • ファームウェアの修復(ドライブシステム領域&ROM): ディスクイメージングに比べて機器のはるかに高い初期コストと専門知識が必要です。
  • ヘッド/プラッタの移植: 非常に高い運用時間/コスト/リスクおよび専門知識。

この新たな統合はにより、当社ユーザーは、簡単に自身のプロセスにデータ回復イメージング機能を追加することができます。 結果、高度なアルゴリズムを使用し、かる、力強い DeepSpar Disk Imager ハードウェアでドライブの不安定性をその場で処理する R-Studio のユーザーフレンドリな環境につながります。

DeepSpar Disk Imager PCI-E ボードを別のネットワークコンピュータ(DDI コンピュータ)上に取り付け、それに接続されたドライブをソースドライブまたはクローンドライブとする必要があります。 DDI コンピュータをボードに付属のブート USB スティックを使用して起動する必要があります。 他のコンピュータ(R-Studio コンピュータ)上で起動する R-Studio が、ローカルエリアネットワークを介してディスクにアクセスします。 したがって、すべてのデータ回復操作は、以下の設定を介して行われます:

そのような統合により、ファイル毎のイメージングを行い、ファイルシステムの構造を分析・修復すつ前にソースドライブ全体をイメージングする必要性を避けることができます。 言い換えれば、R-Studio が、MBR、ブートセクタまたは MFT レコードなどのファイルシステムの特定のエレメントをぶ分析する必要がある時は、それらのエレメントに属するセクタを DDI により、ソースドライブから取得し、クローンドライブ上にコピーし、ネットワーク上の R-Studio に戻ることができます。

DDI ディスクは、通常のディスクオブジェクトとして、R-Studio のドライブペインに表示され、同様に処理することができます。 例えば、それらを RAID オブジェクトに含めることができます。

さらに、R-StudioはスタンドアロンのDDIハードウェアにより作成されたイメージファイルおよびディスクマップを読み込み、処理することができます。

© Copyright 2000-2016 R-Tools Technology Inc.